横田流認定フィッター交流会in博多・・・その3

こんにちは こんにちは

天気は下り坂の予報なれど
現在は快晴の碧南

さて、昨日のつづき

頑張って新たに認定フィッターの仲間入りした
3名の方の1分間スピーチが終ったら
ちょこっと歓談の時間があって
いよいよ皆の血が騒ぐフィッティングリレーが
はっじまっるよ~

これは、ほぼほぼ地区別にチーム分けされて
1人のモデルさんに対して先方から大将までの
6人のフィッターがリレー式にフィッティングをして

チーム分けの表で私は何故か人間扱いされてない(--);

最後に先生が採点して優勝チームを決定する
お遊びのような本気のようなお遊び

予選A組の3チームで競い2チームが勝ちぬけ
同じく予選B組の3チームが競い2チームが勝ち抜けて
4チームにての決勝戦になるルール
 

 

私も大将として参加してまっせー!

ここまでに酒も入って顔面崩壊状態で懇談しとったのに
スタートと同時に全員顔つき、目つきが真剣やん!
どんだけフィッティングに命賭けてんねんてぐらい

我々、男だらけの八町味噌チームは過去に優勝は無し
今年こそはと意気込むものの
事前に打ち合わせもなけりゃ、作戦もなく
ぶっつけ本番で行くぞー!で、いざ関が原(大げさな)

あらっ、優勝しちゃったよ(^^)
豪華景品は地元のカップラーメン
 

熱いバトル(^0^)の後は和やかに賑やかに歓談タイムが過ぎてゆく

そんな時間を使って皆さん入場時に渡された
丸メガネのフィッティングもしとるんだよな
  
お遊びなんだからさぁ~ちゃっちゃとやればええのに
フィッティングとなるとこの顔るきだよ(^^);
どうかしてるぜ(笑)
そんな事をやりながら1部が終了

1部と言うことは2部が有るって事だよね
2部は全部はっちゃけタイム

2部の司会進行は九州は宮崎県の
千葉さんと、その部下の川並さんのお2人(大丈夫か?)

いよいよ我々横田流フィッターの日本酒の会が乱れます

 

日本酒好きが持ち寄って来た酒を飲み比べと称して
ただただ飲み倒すだけ

カンパーイ

ホテルが用意してくれてたビールやワインは飲まずに
ひたすら日本酒の利き酒と言いつつ飲む
気の合う仲間と飲む酒は
ひゃーーーーーーうめぇーーーーーーー

もうね、ここのテーブルだけなんかおかしい(--);
他のテーブルとテンションが違う(--);
  
まぁ楽しきゃええのよ!
企画運営してくれた九州メンバーのためにも
心の底から楽しまなきゃ (都合の良い言い訳をしてみる)

そして待ちに待ったナイスミドルの
余興の始まり(パチパチパチ)

演目は ”いつも佐賀から” 
内容はねぇ横田流のセミナー参加者じゃないと
ちんぷんかんぷのなんじゃそれ的なもんやけど
仲間内では大爆笑する内容なんだな(^^)
そのひとコマ↓

アシスタントはペト(日本名:高瀬 諒)
毎度毎度のお二人さんで息もピッタリ

 

そして演目終了後にはご本人さんとツーショット

元々絵が得意な野瀬さんやけど準備は
かなり時間をかけご苦労やったみたい
ありがとね!野瀬さん皆を楽しませてくれて

 

しばらく歓談しとったら
今度は酔っ払いに追い討ちをかけるゲームが
メガネの鼻パッド交換選手権
九州メンバーの考案による初の試み
ルールは超簡単
誰が一番速く交換出来るかだけ
しか~し、我々は酔っ払いだ
酔っ払いが1.2mmのネジを外して
新たなパッドを付けてネジを締める . . .無理やろ
 

予選を勝ち抜いた者がが決勝戦に進んで
なんと!師匠が飛び入り参加
さすがに師匠は速いダントツの一位やけど
そこは受講生に譲って兵庫県の小澤君が優勝
セミナーで使う鼻パッドが景品でした
(多分セミナー無料券を期待したはず)

その流れでビンゴゲームに突入
ビンゴの進行は福岡のエロフィッター本田さんと
熊本の踊れる検査技師のベリー高塚さん
  
サングラスが本田さん             マイク持ってるのが高塚さん

私はトリプルリーチになるものの最後の最後に
やっとこさビンゴ!が同時の栃木の森さんもビンゴ!
公平にジャンケンして見事景品をゲット! 森さんがね
皆盛り上がっとったな
普段セミナーで見る顔とは全く違う
全てから解き放たれて自然に湧き出る笑顔って感じ

 

そんな騒がしい歓談や余興・ゲームの間に
ちょっと真面目な表彰のシーンも

ハードルの高いゴールドフィッターに昇格した
ペトこと高瀬 涼君、給料の全額をメガネの勉強に
費やしてるのではないかと思うぐらい
セミナーに出まくって出まくって掴んだゴールド認定
おめでとう!!

 

そして九州のフィッターを引っ張り続ける起爆剤の野瀬さんに
メンバーから

男のうれし涙(もっと泣け)

彼が九州メンバーの底力を上げる原動力になったと思う
勿論、一人一人の努力がなければならないのは当たり前やけどね
本当に九州のメンバーは素晴らしいとつくづく感じた

そしてそして
師匠と奥方にもフィッター一同から

日頃の感謝を伝える真面目な感動シーン

ただ表彰のタイミングはフィッティングリレーの後だったか
その辺の記憶は曖昧なんで
参加者の方々は大目ににみてもらえますように

 

 

記念撮影も毎年同じように認定クラス別に

ゴールドフィッター

シルバーフィッター

ブロンズフィッター

最後に全員で

 

順序は違っとるかもしれんけど
こんな様子で執りあえず2部も無事終了

 

執りあえずと言うことは
まだこの先が. . .

つづきます(ふぅ~)

 

Share on Facebook

Comments are closed.