プラスチックフレームのフィッティングは特に手間を惜しんだらあきまへん

こんにちは

本降りやった昨日の雨も
朝には完全に上がっとったけど
今日は一日中ちょっと強めの風が
吹きぱなしですわ
陽射しも無いんで涼しいてええけど
女房殿は肌寒さを感じるみたい
寒がりやからなぁ~

 

さて、今日はプラスチックフレームのフィッティング

それもテンプル(手)幅だけに特化したもんやけどな

このフレーム ↓ を合わせるための作業ですわ

これを掛けるのは女性で
お顔の幅に対してフレームの幅が
ちょっと広すぎるんで狭くしたいのな

テンプルの付け根の金属を埋め込んだとこを
部分的に加熱して曲げたら狭くはなるけど
一時的なもので直ぐに広がるし
見た目もよろしくないんで
付け根に詰め物をして狭くすんねんな

詰め物にするのは透明のセル板↓

程ほどの大きさにカットしたセル板と
フレーム本体の貼り付けたいとこを
溶剤で溶かして溶着するんですわ↓
  

 

溶剤が乾いて完全に溶着されたのを確認したら
余分な部分をカットして
テンプルを付けたり外したりしもって
幅が丁度ええ状態になるように形を整えもって
ヤスリとサンドペーパーで削っていきまんねん↓

 

で、最後に目の細かいサンドペーパーで
ヤスリの跡を磨いたら仕上げに
バフで最後の磨きと艶出しして終了↓

セル板くっ付けたのは
全く分かりません!

 

こうやって合わせんときちんとした
フィッティングにはならんのですわ

 

ほな、またね。

 

Share on Facebook

Comments are closed.