リクエストにお応えして、一枚のレンズがメガネになるまでを紹介。

今日は朝から

気持ちよく晴れた

と思っとったら

夕方近くからは曇り空や

それでも昨日みたいな

強烈な風もないし過ごし易い

そんな今日の碧南

 

 

ブログのねたに困っとったら

丸いレンズがメガネになるまでが

知りたいなぁ、とのお声があったんで

紹介してみようかな

 

 

丁度注文分のレンズが入荷しとったんで

こちらのメガネで解説してみるわ↓

 

ご注文内要はご年配の方の読書用メガネ

 

画像の様にレンズは丸生地として

届くんやけど

これを店頭で加工してメガネに仕立てるわけよ

 

 

ではスタート

最初にフレームを加工機にセットして

 

フレームのレンズの形をトレースして

器械に読み込ませる

その間にレンズをレンズメーターと言う

器械で度数の確認とレンズの中心の割りだしを

すんねんな

このレンズは乱視付きなんで

設定する角度もここで設定しておくねん

 

度数OK 乱視角度OKとなったら

レンズ面に印点と言うて

中心と乱視角度設定の為の印を付けんねん↓

3つの点の真ん中のがレンズの光学中心

両横の点は乱視角度設定用

 

次はレンズの表裏両面にキズ防止と滑り防止の

シールを貼んねんな↓

最近のレンズは撥水コートが標準なんで

滑り防止しとかんと乱視角度がわやになってしまうし

レンズの形その物が変形してしまうんでね

 

レンズの準備ができたら

加工機にデータ入力

 

入力前↓

入力後↓

 

次は加工機にレンズをセットする為の治具を

付けんとあかんのよ これが治具↓

 

この治具を芯出し器に取り付けて

そこにレンズを載せて中心と水平をきちんとだして

治具を装着すんねん

この時に水平をしっかり見ておかんと

乱視の角度の狂いになってまうねん↓

 

治具装着完了↓

 

これだけ準備が出来て

やっとこさ加工機にレンズをセット↓

 

後はスイッチを押したら自動で

レンズを削ってくれまんねん、加工中↓

   

 

削り上がり↓

 

私が学校で習ってた時には

こんな自動の器械は一切使わせてくれへんかった

全て手摺りでやらされたなぁ

おかげで今でも自動機が無くなっても

後で出てくる面取り機があったらレンズ加工で出来るけど!

 

 

削り上がったレンズの角を面取りするんやけど

最近は面取りすら器械任せでやっとる店が多い

器械任せの面取りは浅すぎてダメ!

では面取り作業↓

   

 

表面も裏面も面取りしてから

前回のブログでも書いたけど

レンズとフレームのカーブ合わせをやんねん↓

   

 

カーブ合わせが出来たら初めて

レンズをフレームに入れる枠入れや

ここで大事なんがカーブの再確認とレンズサイズの確認↓

   

 

レンズを留めるレンズ合わせの金具のとこに

すき間があるやろ!? 

フレームサイズよりレンズサイズが大きすぎる状態

これで歪みチェックしたら歪がバンバンや!

(これでもネジを完全には締め込んでない)

 

 

さて、ここからは自動加工機は使わんで

面取りで使った面取り機の出番や

手摺りでちまちまと削っては枠入れして歪みチェック

歪が多かったら、また手摺りして枠入れ、歪みチェック

この繰り返しで歪み具合に納得が出来たら↓

 

 

ネジの緩み止めを入れて枠入れ完了

当然手摺りの度に面取りはしとるで

 

これで右眼の出来上がり

同じことを左眼でもやって

 

最後に度数と乱視角度をチェックして

レンズ中心を印点しなおして↓

 

お客さんの右眼の中心から左眼の中心間の距離と

レンズの中心間距離が同じ寸法で

出来上がっとるかをチェック

もひとつ光学中心の高さも設定通りかチェック↓

 

全て合格なら出来上がり

ダメなら造り直しとなるわけや

 

全てのネジの緩みを確認して

キレイキレイに拭き上げたらケースに収納

 

 

最後はお客さんにお渡しする時

最終フィッティングをしたら

ほんまもんの完成と言うわけや!

 

 

以上がレンズ加工の流れ

 

 

はい、今日のお勉強はここまで

 

Share on Facebook

Comments are closed.