愛知県碧南市のメガネ専門店

近視は老眼にならないの?

台風一過でそらは青空

陽射しも強いが風も強い

よって暑さはあまり感じずに済んどる

そんな今日の碧南

 

今日はお客さんからよく聞かれる

”近視の人は老眼にはならんの?”

 

結論から ”なります”

 

ここでちょっとプラスとマイナスのお勉強

拡大鏡で使うような中心部の厚いレンズが

凸レンズで(+)表示

逆に中心部が薄くて端が厚いレンズが

凹レンズで(-)表示

 

凸(+)は光を集光させてるでしょ

拡大鏡で黒い紙に光を集めて焼いたことあるでしょう

あれですよ

凹(-)は光を拡散させる

この特性を覚えといてよ

 

それと全く眼の悪くない人はレンズ度数が

必要ない訳やから 度数 ”ゼロ” 正視と言います

これも覚えといて

 

さて、

近視の人の眼の中は(+)の特性を持っとるがために

網膜よりも手前にピントがあってしまう

 

下の眼図がそれの様子

ならば(-)のレンズで(+)を

打ち消してしまえば網膜にピントが合うやろ

仮に上の眼図のモデルが(+3.00)あって

網膜より手前にピントが合ってるとしたら

(-3.00)で差し引きゼロになるやろ

これで眼の悪くない人みたいに

見えるようになる正視が出来たわけやな

つまり(-3.00)の近視がある眼となるのよ

 

ここまでが前置きみたいなもんかな

ちょい長かったけど

 

さてと、老眼は手元(30~40cm)ぐらいで

新聞や雑誌なんかの字が見えにくい状態なんやけど

(最近ならスマホを遠ざけて見るとかしてへん?)

 

まぁ、近くにピントが合わせ難い、または合わない

こんな症状やねんな

 

これは手元からの光が集光(+)しきれずに

網膜上で拡散(-)された状態になっとるんよ

だったら+を補って網膜にピントが合うようにしたら

見えるようになるやろ

こんな理屈から老眼を補正するのは+のレンズになるわけ

 

ゴメンね話しが前後したけど

この-3.00の人が近視用のメガネを掛けて

手元(大体30~40cm)の新聞の字が見えとったら

これは老眼ではないです!

 

もしもメガネを掛けて手元の字が見えへんようなら

これは老眼ですよ (;;)

 

老眼世代の人で近視のメガネを掛けとる人が

手元見る時にメガネを外しとるの見かけたことないかな?

あれはメガネを外したら眼の中に+が残ることになるやろ

老眼の補正には+のレンズを使うって説明したやろ

だ か ら ~

メガネを外すことが老眼鏡を掛けることとイコール

になるわけよ

 

ちょっと説明が専門的すぎたかな?

 

老眼・・・嫌な響きやけどな (;;)

 

つまり人は必ず老化するやん

老化を止めることは不可能やんか

だから老眼にならん人は居りませんので

近視の人も老眼になるという結論でした。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter