毒ですよ! 拷問ですよ! 私も気を付けよっ!

こんにちは?
こんばんは?

今日は早朝のワン散歩の時から寒い~
日中も気温が上がらへんよ
空気も乾いて火事のニュースも多いし
インフルエンザも本格的になってきとるし
皆さん気を付けましょう!

 

さて、昨日の話なんやけど

眼科で仕事しとる時に出くわした事例ですわ

 

個人情報なんで詳しくは書きませんよ

年齢38歳 女性
主訴 遠く近く見え難い
眼病 視力に影響は無いがちょこっと治療中

カルテ見て. . .? やったんで
主訴以外に目の疲れや肩こり頭痛などの症状を
確認するも本人は無いとのこと

 

ちょっと予備検査して
強めのレンズ入れて20分ぐらい
遠くを頑張って見とってもらって

本格的な検査に入ったんやけど予想は的中
ここまで読んだらメガネ屋さんなら
どんな状態か分かるはず

 

下に出す画像は患者さんが2年前に
メガネ屋さんで測って作ったメガネのデータ(赤丸)と
眼科でのオートレフラクトメーターの測定値(青丸)
じゃじゃん

 

数字の前の符号が(-)と(+)

私が検査した結果は(+)

この(+)の度数は2年前にも出てたはずやのに
何で(-)レンズが入るかな?

 

検査で出た度数を装用テストで
15分ぐらい掛けてもろて見え具合や疲れ具合い
歩行時の足元の違和感などを確認してから

 

再度、患者さんにこの度数を掛けてみてどうですか?
と聞いてみたら、問診の時には見え方以外は
無症状って言うてたのに

目がとっても楽で良く見えるし
スマホの画面や雑誌の字も以前のように見えます!
(やっぱり疲れがあったんや!)
(疲れと感じてなかっただけやな)
笑顔でしたよ(^^) 良かった(^^)

 

この方の目に(-)のレンズを与えるのは
毒であったり拷問であったりするんですわ

ちゃんとしたメガネ屋さんやったら
おそらく起こらんかった事例でしょうね

 

我々の仕事は一つ間違えれば
お客さんに苦痛を与えてしまう事になる

本当はお客さんに喜びを感じてもらわなあかんのに

他人の失敗と思わず自分も気を抜かずに
しっかりやらんとな!

 

Share on Facebook

Comments are closed.