長女が出産をしたことで少子化の原因の一端が見えた気がする

こんにちは
お久しぶりでございます

ちょっとブログをサボっとる間に
梅雨に入ってしまい、ジメジメとして
おっさんの顔はべたつき気味(;;)
これも日本の四季の移ろいとして
楽しむ方法をみつけて
ちょっとでも気分良く乗り越えんとな

 

さて、先月初旬に長女が初めての出産をして
娘の回復と孫の健やかな成長のために
バタバタしとるジイジとバアバが
娘親子を取り巻く環境で感じた事を
ちょこちょこっと書いてみようと思う

 

下世話な話になるけど
出産の為の入院費用が今回60万円弱
国からの出産補助金が42万円出るけど
個人負担は10万円オーバー
平均50万円ぐらいはかかるみたい

 

当然赤ちゃんの産着やなんやらかんやらと
準備しとくもんがあるんで
細々した出費が重なっていくのを見とったら
そこそこお金が無かったら子供を
産むことすら難しいんとちゃうかな?

 

更に、退院して来る時には
赤ちゃんを乗せるチャイルドシートが必要!
これにしたって安いもんではないんよな

 

このチャイルドシートも子供の人数分必要ときたら
軽四やセダン車やったら乗せられる台数も2台が限界
そうなると子供は2人までで終わりやろ
3人以上の子供を.  .  .と考えたら
車の買い替えが必要になってしまう

 

子供の医療費に関しては
親の負担が少なくなるように頑張ってくれとるけど
教育費は結構かかるやんか!

夫婦共働きをしようとしたら
子供を預ける施設が不足しとる
施設よりもやけど保育士の数が全く足りとらへん!

 

うちの次女が保育士なんやけど
職員の病欠なんかあろうもんなら大変らしくて
慢性的な人手不足に悩まされとる
有給休暇にしてもなかなか取るのが難しいし
仕事は体力勝負みたい

しかしながら、その対価は労働に見合わん低さ
それによって有資格者が保育に就かないのが現状
つまり保育施設を作ったところで
働き手がおらんわけやわな
これは介護の世界でも同じみたいやで

労働に対しての正当な対価は必要やわな
税金の使い道って
こういうとこに投入すべきなんじゃないの?って思うけど

 

まぁ、こんな風に子供の誕生を機に
産みたくても産めん人も居るんやろなぁと
いろいろ感じることがあったてことやねん

 

ジイジの戯言でした

 

 

Share on Facebook

Comments are closed.