どうにか潜り込んだ大学生活は. . .?その後の進路は?

おはようございます
今日は朝から雨
たぶん夜中から降り出したんやと思う
4:30頃起きた時には既に路面は濡れとりました
よって、本日のワン散歩は中止で
リビングで1時間ほどカイちゃんと
寝る時間が出来ましたわ(^^)

 

さて、高校生活のつづきをば

 

周りの意見に流される
適当人間の僕が進んだんは
不本意ながら大学
まぁ、読んどる皆さんからは批判されるやろけど
事実やけんしょうがないやん

 

18歳で初めて親元を離れての
下宿生活の始まり始まり

 

下宿先を決める時が
高校の卒業試験やったけん
父ちゃんと兄ちゃんが大学まで行って
紹介してもろた中で勝手に決めてしもて

 

風呂・トイレ・キッチン共同
ここまではええわ
なななんと3畳一間やって!
これにはガッカリしたんを覚えとるわ
ほんでも決めてしもたんやったら
もうしょうがないけん
3畳間で大学生活はスタートやがな

 

下宿先で1年生は僕だけやったんやけど
ラッキーやったんは先輩が
ほんまにええ人ばっかりやったんや
下宿生は全部で6人でこじんまりしとったけど
先輩にはほんまによお面倒みてもろた
教科書もようけお下がりをもろて
親からもろた教科書代が全部小遣いになって
ニンマリ(^0^)

 

先輩達とは2年間しか一緒に居れんかったけど
4年間の中では最初の2年間が
最高におもっしょかったわ

 

中学生で始めて体験した煙草が
下宿生活で本格的に開花して

高校生で始めて経験したウィスキーも
下宿生活で本格的に開花してしもた
飲みすぎてギョ(ゲロ)吐いて
二日酔いを目出度く経験したんも
この下宿やったな

先輩にも恵まれたし
同級生では讃岐4人組みでいつもつるんどったわ
とにかく先輩やツレとあそっびょる(遊んでる)時が
おもっしょて(面白くて)女っ気なしやたな(^^);

 

下宿生活を始めて気が付いたんやけど
自分の言葉が標準語とちがうんや!

 

先輩と三宮へ遊びに行って
めし喰うてかえろうかって事になって
食堂のガラスケースの中の
食品サンプルを見て思わず出た言葉が
これは”むつごげな”
先輩 ?????????????ポカーン

そこで説明が必要やったけん
方言やったことを自覚した瞬間やった

ちなみに”むつごげな”とは胸焼けしそう感じ
を表現した讃岐弁やな

 

勉強面では
なにを勉強したんかサッパリ覚えとらん
目的を持たんと入った大学生やかし(大学生なんて)
所詮こんなもんやで
まぁ、親にこれ以上の負担は掛けんように
留年は絶対にせんように最低限の勉強はしたけど

部活はせん
金が必要な時意外はバイトもせん
好かん先生の授業は出席せん

 

な!いかにやる気の無い学生か分かるやろ
ダラダラ グダグダした生活して
親にはほんまに無駄金使わせてしもたわ

ほんでも、たった一つだけ覚えたんわ

口の上手い奴にはろくな奴は居らん

 

ハイ!4年間でこれだけ覚えました!

 

就職活動もしとらへん
メガネの専門学校に行く気やったけん
周りが就職先が決まっとんのに
僕だけ進路が決まらんままに卒業したな

 

大学生活時代はこれでおしまい
写真も無いような4年間
(先輩やツレとの写真がちょびっとあるだけ)

 

自分的には今までの人生の中で
疑問の残る4年間やったかな?

 

チャンチャン

Share on Facebook

Comments are closed.